2007年05月06日

更年期障害の症状リスト(もう出ているかも?)

スポンサード リンク
更年期障害ではつらい症状が現れます。個人差はあるにしても、精神的、身体的にひろく更年期障害症状は出てくることから、日常生活に支障を及ぼします。

更年期障害症状を知ることは、早期治療の第一歩です。このサイトでは、更年期障害症状について、女性、男性の順にまとめています。

更年期障害症状・女性編

女性の更年期障害症状が出る時期は、生理不順が現れます。
規則正しい生理の間隔が短くなったり、生理が長く続いたりと不規則な症状が現れます。そうしているうちに生理の周期が長くなっていき閉経になります。

このころ更年期障害症状が出てきますが、この症状は多彩で個人差があります。

初期に出やすい症状は、ホットフラッシュとも言われる、「のぼせ」や「ほてり」、「発汗」です。また、「動機」や「めまい」等も現れます。

また、精神的にも不安定になるのが更年期障害症状の特徴です。
具体的症状としては、うつ、イライラ、気力がなくなる、物忘れなどです。その他の更年期障害症状としては、膣や尿道が痛い、性交痛などが挙げられます。

以下に、更年期障害症状の一覧を記述します。
 ほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)、発汗、冷え、動悸、息切れ、むくみ、頭痛、めまい、不眠、不安感、いらいら、憂鬱、うつ状態、耳鳴り、立ちくらみ、腰痛、肩こり、関節痛、背部痛、筋肉痛、疲れやすい、食欲不振、吐き気、便秘、下痢、のどの渇き、口臭、胃もたれ、胸やけ、頻尿、残尿感、排尿痛、血尿、尿失禁 月経異常、膣乾燥感、性交痛、性欲低下 しびれ、知覚鈍麻(感覚がにぶい)、知覚過敏、蟻走感(蟻が体を這っているような感覚)、視力低下 皮膚の乾燥、かゆみ、しわ、くすみ


更年期の後半になると更年期障害症状は骨粗鬆症や動脈硬化などになって全身に現れます。ここまで症状が進む前に医師に相談してください。

更年期障害症状・男性編

男性の更年期障害症状も女性同様に現れます。特に仕事に影響がでてくることが生活上の特徴とも言えます。

症状は精神的にも肉体的にも現れます。
特に中高年の更年期障害症状として現れるのがED(勃起障害)、うつ症状です。また、疲労感を訴えることも多く、「仕事がつらい、集中できない」などの症状は、年齢的に重要なポストに就いていることが多い世代だけに、更年期障害症状は個人の問題では済まなくなります。

さらに疲れているのに寝付けず、疲れがとれないとなるとこれらの症状に拍車をかけることになります。

以下に、更年期障害症状の一覧を記述します。

うつ症状、仕事がつらい、集中力が続かない、やる気が出ない、倦怠感、イライラ、疲労感、不眠症、筋肉痛がとれない、肩こり、頻尿、ほてり、のぼせ、腰や手足の冷え、発汗、ED(勃起障害)、性欲減退、朝勃ち回数の減少

私自身は更年期障害症状が出てくる年ではないのですが、上司がこの症状で会社を休みがちになり、それでも重要な会議には出席し、つらそうにしていたのを目の当たりにしました。本人から「男の更年期障害はつらいぞ」と何度も聞いています。


女性、男性の更年期障害症状については以上ですが、各症状を知り、チェックし、更年期障害に心当たりがあれば早めに医師に相談してください。
posted by 更年期障害 症状 at 22:32| 更年期障害 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。